Home

朝日新聞 記事 ソフトウェア検証 連載

反対から賛成への転向を検証できるのか?『朝日新聞』の連載記事「原発とメディア」 *下記はpdfよりテキストを抽出したデータです。閲覧はpdfをご覧下さい。 佐高 信 経済評論家 december『朝日新聞』に「原発とメディア」が連 載されている。. 産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。 市川速水の記事 韓国が特派した知日派の切り札・朴智元. やっぱり冴えないロシアの経済パフォーマンス ロシアの経済パフォーマンスがどうにも冴えないということについては、この連載でも何度か取り上げたことがあったと思います。年の経済指標が出揃いつつありますが、案の定、パッとしない数字が目. ,加古川の窓から 日本の空を 人と. 朝日新聞(以下、朝日とも略記)は慰安婦報道に関して焦点を逸らす責任逃れの特集記事(8月5日・6日)を書いた。その後も「核心は変わらず.

朝日新聞が、やっと釈明した。学校法人「森友学園」が財務省に提出した小学校設置趣意書をめぐり、「安倍晋三記念小学校」と間違って報じた. 朝日新聞 記事 ソフトウェア検証 連載 ロボットコンテスト参加者をはじめ、ロボットを製作する方、したい方、ロボットに興味がある方のためのロボット総合. ironna編集部 「私の中では終わってた話ですし、それがこんな形になってしまった」。朝日新聞のコラム不掲載問題をそう振り返った池上彰氏の話は新聞業界全体、日本のメディアの未来にまで広がった。 現場の「屈辱感」が編集権の独立を担保する 「角度」をつけて記事をつくることとは. 朝日新聞の従軍慰安婦報道検証記事を批判的に論じ、掲載を断られたのが原因だという。 池上さんによると、8月29日掲載予定の原稿で、朝日新聞が慰安婦報道を検証した特集(8月5、6両日掲載)について「朝日は謝罪すべきだ」との趣旨のことを書いていた。. 吉田清治証言朝日報道信じたくない「吉田の嘘」msn産経ニュース. 小笠原みどり ジャーナリスト、社会学者。朝日新聞記者()として住民基本台帳ネットワーク問題などに取り組み、年に米スタンフォード大学でデジタル監視を研究。年、米国家安全保障局による世界監視システムを告発したエドワード. 菅義偉政権が発足して10月16日で1カ月。この間、この政権の内実を示す象徴的な出来事が続いた。 役所ではんこを使用する機会を極力減らして.

&0183;&32;教育・教養・実用 (1)真相報道バンキシャ! 日テレ 15.0 日 (2)サンデーモーニング TBS 14.4 日 (3)新・情報7daysニュースキャスター 同 13.3 土. 朝日新聞、慰安婦誤報 英文サイトに検証記事なし「お答えは、さし控えます」 (1/2ページ). 23 12:10【歴史戦第5部「朝日検証」の波紋(上)2】社内からの指摘を放置 平成3年5月22日付朝日新聞朝刊(大阪版)は連載記事「女たちの太平洋戦争」で、自称・元山口県労務報国会下関支.

フルプラン; シンプル; 無料; サイト内記事検索では、朝日新聞デジタルに掲載された過去5年間分の記事を検索できます。写真や動画、図表も表示されます。. もし、朝日新聞がこの主張を否定したければ、慰安婦報道が誤りだった事実を世界中に周知させる努力をすべきだが、その. 朝日新聞珊瑚記事捏造事件(あさひしんぶんさんごきじねつぞうじけん)は、1989年(平成元年)に沖縄県 西表島において、朝日新聞社のカメラマン・本田嘉郎が自作自演で珊瑚に落書きによる傷をつけ、その写真をもとに新聞記事を捏造した虚報事件である 。. Q 慰安婦とは何か。 A 戦時中、日本軍の関与の下で作られた慰安所で、将兵の性の相手を強いられた女性。政府は1993年8月に河野洋平官房長官が発表した談話(河野談話)で「当時の軍の関与の下に多数.

批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。* * * 正月に旅順を訪問. 過去の本紙記事1年分が検索し放題。 読み逃した記事をチェック、連載記事もまとめ読み。 有料コース 無料会員登録で気軽にお試し. トップ; 教育; 記事 「赤ちゃんの胎内記憶は本当か?」東大卒ママが我が子で徹底検証した結論 連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの. 朝日新聞の“隠蔽”体質が改めて浮き彫りになった。自民党の高市早苗政調会長が慰安婦問題に関して菅義偉官房長官へ「新談話」を出すよう. 年10月5日に配信した「『バッキンガム宮殿採用』装置にダメ出し続々 ネット注目の謎水装置 開発者を直撃」の公開を終了いたします。.

メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は猛威を振るう「ウイルス. 番組は、九州朝日放送(kbc)の「小林徹夫のアサデス。ラジオ」。仕事と家庭の両立などに葛藤する男性の姿を描く朝日新聞の「父親のモヤモヤ」企画とのコラボコーナーに男性は登場しました。放送は9月でした。 登場した男性は. この度、「朝日新聞(福島県版)」において弊社に関する記事が掲載されました。 ソフトウェア検証 年5月9日(朝日新聞 福島県版)第47042号25面 弊社が開発した、スマートフォン内蔵のカメラからユーザーの視線・表情データを読み取り、"感情"を分析する『次世代型マーケティングツール「fact4」』について. 年3月、朝日新聞社を退職。同年4月より、年3月まで桜美林大学教授 。 年9月から朝日新聞にて政治時評コラム「新ポリティカにっぽん」の連載を開始した。 著書 単著 『田中角栄と「戦後」の精神』(1995年、朝日文庫). 株式会社朝日新聞社のプレスリリース(年9月28日 11時30分)朝日新聞デジタル トップページを大幅リニューアル. 新聞記事検索機能についてのq&a サイト内記事検索.

連載をフォロー 検証 少年法議論、収束図る 法務省、適用年齢下げ折衷案 立ち直りか厳罰か、平行線 朝日新聞 記事 ソフトウェア検証 連載 会員限定有料記事 毎日新聞 年12月25日. 新聞の発行部数の減少に歯止めがかからない――。9月に公表された新聞のabc部数(日本abc協会が監査する部数)によると、朝日新聞が1年間で約33. 」川上麻衣子が明かした思い出. 新型コロナの第1波は、東京都で依然くすぶっているものの、2~5月に比べれば全国的に落ち着きを見せている。こういう時期にこそ第1波における. 毎日新聞社は同年7月7日になってようやく、社内調査結果を 7月中旬に公表するという見通しを示した 。 そして 7月20日、mdn サイト分の問題について、同サイトや同社の日本語サイト、同日付け「毎日新聞」朝刊紙面(見開き特集をふくむ)で、社内検証チームによる検証結果と分析、社外の. 朝日新聞社は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により年9月中間連結決算で赤字に転落したことを受け、渡辺雅隆社長(61)が21年4月1.

朝日新聞が慰安婦問題の報道に誤りがあったと認める記事を掲載した。ジャーナリストの田原総一朗氏は、いささか残念に. ジャーナリスト池上彰氏が朝日新聞に連載しているコラムで、同紙による従軍慰安婦報道の検証記事を取り上げようとして掲載を断られたため、連載打ち切りを申し入れていたことが3日、池上氏への取材で分かった。 コラムは「池上彰の新聞ななめ読み」。. 池上彰氏、朝日新聞での連載中止を申し入れ 慰安婦「検証」批判で掲載拒否 ジャーナリストの池上彰氏(64)が、慰安婦問題に関する記事の一部を取り消した朝日新聞報道を批判した原稿の掲載を拒否されたとして、同紙での連載中止を申し入れていたこと.

『朝日新聞連載 加藤一二三九段将棋 心技流』に関するこうした情報をお探しの方は、他の方の作成されているサイトを参照していただきますようお願いいたします。. 中学受験生御用達の朝日小学生新聞。ご多分に漏れず、我が家も長女せとかの中学受験時代から、もう2年近くになるかなあ、朝日小学生新聞を購読しております。毎朝、私、せとか、ユズが奪い合いながら読んでおります。 しかし我が家にはもう中学生がおります。. 朝日新聞社の木村伊量社長は11日、東京本社で記者会見し、東京電力福島第ー原発事故をめぐる「吉田調書」に関する報道について、「『命令. 週刊朝日一冊まるごと猫号! 表紙はもちろん岩合光昭さん撮影! のんべんだらり猫カレンダー&ポストカード付/「志村けんさんと一緒にパジャマ姿で猫をなでた.

朝日新聞の新党日本に関する捏造事件(あさひしんぶんのしんとうにっぽんにかんするねつぞうじけん)は、年に起きた朝日新聞の記事捏造事件である。 朝日新聞社では虚偽メモ問題(きょぎメモもんだい)と呼んでいる。. 朝日新聞の「吉田調書」で取材に当たったと表記されていたのは同紙の宮崎知己・木村英昭の二人で 、木村は連載『プロメテウスの罠』の中の「官邸の5日間」で東電が全面撤退をしようとしていたと報じた記者であり 、宮崎は『プロメテウスの罠』取材を行う特別報道. 「もう朝日新聞や毎日新聞は読む必要はありませんよ。新聞は、読売の一紙だけ読んでいれば十分」。内閣官房高官が真顔でこう話す。9月11日. 8月5日の朝日新聞は、1面と16~17面を費やして慰安婦問題の特集を組んだ。 中でも注目されたのは、彼らが「慰安婦は強制連行された」と主張し.

朝日新聞の今回、いや、昨年の検証(記事)。 あるいは1997(平成9)年の検証も含めて、慰安婦報道について何か思うところはありますか。 それ. pc、スマホ、タブレットなど1つのidで複数端末でのご利. 1,966 朝日新聞 記事 ソフトウェア検証 連載 ブックマーク-お気に入り-お気に入られ.